現在でも使用

留袖の女性

現代も愛用されている半纏

半纏とは江戸時代に羽織の代わりとして流行した上着の事です。そして戦後まで仕事着として愛用され続けました。そして現代でもあらゆる場面で見かける事が出来ます。例えば職人が着ていたり、祭りやイベント等でも目にします。価格は安い物だと千円台からと比較的安価です。しかしオーダーメイドにすると数万円となります。オーダーメイドの半纏を作る場合はいくつかの手順を踏みます。まずはどのような用途やデザインにしたいのかを販売店に伝えます。そして生地を決めたり家紋のデザイン等をして見積もりを出します。そして見積もりの内容に合意したら製造となります。販売店の中には自社で生地の染めから手掛けてる所もあります。また料金は枚数や用途によって変わる場合があります。

さまざまなタイプと用途

半纏には様々な種類があります。まずは袖の下を縫わない広袖タイプ、そして防寒着として利用される角袖タイプ、その他に筒袖タイプもあります。また火消しが来ていた半纏や、祭りで使用された物には家紋が背中などに入っていました。これは印半纏と呼ばれ職人の正装着とされていました。その他には冬場に使用される綿入れ半纏という物もあります。これはその名の通り綿が入った上着で、男性女性問わず愛用されています。法被と半纏は良く似ていますがその違いははっきりしていません。しかし法被は武士の間で伝わって来た物で、半纏は民間の間で伝わって来た物とされています。また法被は襟が折り返してあり、半纏は襟が折り返っていないという違いもあります。